So-net無料ブログ作成

精神科ソーシャル丁稚ワーカー、1週間でつぶれる?! [日記]

 第二の作業所に、修行に出て、1週間が経つ。これを丁稚奉公と称しているが、早くもつぶれそうである。この第二の作業所は、水、日が休みである。月、火は、まだ右も左もわかりません、で終わり。火曜日に、金庫代わりの机の鍵を貰いに、第一の作業所へ行った。そこで理事長から、新しいスタッフを雇うことと、現在、師匠である、第二作業所のpswを、あと3ヶ月で辞めてもらうことにするといわれる。つーことは、私、第一作業所に戻れないんかい。3ヵ月後はいきなり、第二作業所の所長かい!眩暈がする・・・・。

 水曜日、お休み。調子が悪い。私が家事手伝いをしてた頃、私は毎日、精神障害者用の相談電話で愚痴っていた。で愚痴りたかったが、父親が出張から早く帰っていたので電話できず(父親は長電話すると怒り出すので)。やけくそで、夕方、命の電話にかけたらつながった。40分くらい話したが、結論は早く馴染むことだった。夜、友人から明日か明後日に飲まない?というメールが来ていたが、とてもそんな余裕はなし。でも少し救われた気分になる。

  木曜日、突然入ってきた仕事を皆に振り分ける。データーの打ち込み作業。2千件。私も少し打ち込みをする。それから、3月にハローワーク経由の仕事で精神障がい者向けのパソコン講習が、第二作業所で2ヶ月間行われたのだが、その講師料が、講師をしたメンバーに支払われた。メンバーの一人、N氏が皆にラーメンを振舞ってくれた。実は私、ラーメン嫌いなのだが、ごちになる。木曜日はS区の商店街で、夜7時から9時までパソコン教室が毎週ある。夕方、皆が出払って、師匠に愚痴った。(愚痴の多い私)しかし、3ヵ月後に首とは言えなかった。夜、友人と長電話する。

 金曜日、だんだん疎外感を味合うように感じてくる。私がワーカーやメンバーの話の中に入ろうとすると、話が途切れる。気のせいかどうかはわからない。でも、哀しくなる。1週間も経たないのに馴染めるわけがないと自分に言い聞かせる。帰宅したら父親が5月で仕事を辞めるという。家に生活費をいれなあかん。どうあっても、正職員にならなければならない。プレッシャー・・・・

 土曜日、職場に行きたくない。病院から出た頓服をがんがん飲んで出勤。S嬢が一人ドアの外で待っていた。聞くと親と喧嘩して、昨夜はインターネットカフェで泊ったという。やれやれ。彼女は自分のホームーページを持っているので、まめにチェックしているが、第二には馴染んだらしい。昼過ぎころから、ぽつぽつとメンバーが集まってきて皆データー打ち。メンバーの一人が病気で休むという連絡があったので、その分メンバー全体に振り分けた。それでも人手が足りないので、私も朝からデーター打ち。正直疲れる。疲れると私は、ひねくれ者になる。可愛げがなくなる。反省。

 そして出たね、ご病気が

  帰り間際、業務日誌をつけていたら、メンバー二人の会話が私のことを、悪口言ってるように聞こえる。(幻聴じゃないぞ)ヤバイ。すぐに薬をのんで帰宅。ひじょーにまずい。

  でも、がんばるもんね。いるだけで、給料になるんだもんね。嫌われたっていいさ。私は私なりにやるしかないもんね

 

 

  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。